スカイマーク(SKYMARK)の予約や搭乗の際に参考になる情報など
航空業界の「第三極」スカイマーク(SKYMARK)を応援する一個人が運営する、スカイマークのファンサイトです

トップページ スカイマーク機材
B737-800
スカイマーク機材
B767-300ER
スカイマーク機材
A330-300
スカイマーク
運航路線データー
スカイマーク マイル
デルタ航空特典旅行

リンク
トップページ > スカイマークデータ就航路線 > 羽田-神戸線、羽田-神戸線(JALコードシェア便)

スカイマークの空席照会・予約はこちらから
 ★

羽田-神戸 線


羽田-神戸 線 (JALコードシェア便)


運航期間  2006/2/16〜
(2006/4/1〜2006/5/31 JALとのコードシェア)


2006/2/16神戸空港開港に合わせ、就航開始。機材はB737-800 2機で毎日7往復14便、大人普通運賃10,000円でスタート。
神戸空港は海上空港であるが、運用時間は7:00〜22:00の間の15時間のみ。

2005/2には、神戸総合運動公園野球場のネーミングライツを3年間獲得し、スカイマークスタジアムの名称で就航前から地元への知名度アップを図った。
※ネーミングライツについては、2011/2/13を持って契約が終了。

2006/4/1よりJALとのコードシェアを実施。
JALが運航する2往復4便と、SKYが運航する3往復6便で実施したが、2006/5/31に中断(終了)。
スカイマーク側の便名は、100番台がSKY機材運航便、900番台がJAL機材運航便。
JAL側の便名は、1341,1342,1348・1351番台がJAL機材運航便、1363,1364,1365,1368,1369,1374便がSKY機材運航便。
スカイマーク側の機材はB737-800のみ、JAL側の機材はB767-300、B777-300などの機種で運航された。


2007/2/1からは機材を大型化し、B767-300ERとB737-800の2機種体制で運航。
B767-300ERのリースバック後は、B737-800のみでの運航。

2010/5/31JALが神戸空港より完全撤退。

2011/1/25スカイマーク社のプレスリリースにて、神戸空港にB737-800が一機格納できる規模の格納庫建設を、2011年度中の完成を目標として建設する事を発表。
2011/11/30格納庫が完成。



B767-300ERでも運航された(2007/9/16 神戸空港)


JAL機と並ぶスカイマークのB737-800(2009/11/20 神戸空港)


ポートライナー車窓より飛行機が見える(2010/3/11 神戸空港)


神戸総合運動公園野球場のネーミングライツ(2006/8/24 神戸総合運動公園)


(2006/8/24 神戸総合運動公園)


スカイマークカウンター(2012/12/13 神戸空港)


スカイマーク格納庫(2013/12/13 神戸空港)

スカイマークデータ就航路線
HP OPEN:29Jan06 Copyright(C) 2006 SKYMARK FAN All rights Reserved.






QLOOKアクセス解析