スカイマーク(SKYMARK)の予約や搭乗の際に参考になる情報など
航空業界の「第三極」スカイマーク(SKYMARK)を応援する一個人が運営する、スカイマークのファンサイトです

トップページ スカイマーク機材
B737-800
スカイマーク機材
B767-300ER
スカイマーク機材
A330-300
スカイマーク
運航路線データー
スカイマーク マイル
デルタ航空特典旅行

リンク
トップページ

スカイマークの空席照会・予約はこちらから



2015/8/31 スカイマーク米子撤退


2013/12/20 スカイマーク米子就航


2013/7/10 スカイマーク石垣就航


2013/4/20 スカイマーク仙台就航



2016/10/29
タイガースジェットの運航が終了
JA73NL、JA73NMにて6ヶ月間運航されたタイガースジェットが2016/10/29 SKY974便 (新千歳17:20発→羽田19:05着)をもって運航が終了。ラストフライトはJA73NL。
2016/10/10
スカイマーク限定・オリジナルデザイン「キットカット」を搭乗者全員へ提供
スカイマークは、ネスレ日本との共同プロジェクトの一環として、10月から搭乗者全員にスカイマーク限定・オリジナルデザインの「キットカット」を無料提供。また、飛行時間の長い路線から「ネスカフェ ゴールドブレンド」の無料提供も開始。
「ネスカフェ フラジール」は、全路線にて一杯100円にて提供。

オリジナルデザインのキットカットと、ネスカフェ フラジール
2016/3/27
H.I.S.からも羽田発スカイマーク深夜・早朝便を利用した0泊2日弾丸ツアー発売
H.I.S.は、羽田発のスカイマーク深夜・早朝便を利用した新千歳への0泊2日の弾丸ツアーを発売。
行きSKY703(羽田発6:50→新千歳着8:20)、帰りSKY732便(新千歳発0:10→羽田着2:00))
宿泊は無いフリープラン、海鮮の食事付で15,900円〜
ツアー期間は2016/7/2〜10/2帰着。

【羽田発着】スカイマークで行く 食の宝石箱日帰り(0泊2日)で楽しむ 夏色パラダイス札幌
2016/3/25
スカイパックツアーズ 羽田発スカイマーク深夜・早朝便を利用した0泊2日弾丸ツアー発売
スカイパックツアーズ は、羽田発のスカイマーク深夜・早朝便を利用した那覇・新千歳への0泊2日の弾丸ツアーを発売。
那覇は、行きSKY527便(羽田発2:35)、帰りSKY528便(那覇発3:05)
新千歳は、行きSKY703(羽田発6:50)、帰りSKY732便(新千歳発0:10)
いずれも宿泊は無く、那覇はシュノーケリングやバスツアー、新千歳はゴルフのプラン。行き帰りとも天然温泉平和島を送迎付で利用できるオプションあり。
ツアー期間は2016/7/1〜10/2帰着。


 2016/1/3
スカイマーク羽田空港発着便利用の神戸1泊2日ツアーが、朝食付で激安15,100円から
グッドトリップエクスプレスが、羽田空港発着のスカイマーク便を利用した神戸激安ツアーを販売中。スマイルホテル神戸元町泊で、1名1室朝食付き1泊2日が15,100円から。5日前まで受付可能。成田利用のLCCではない、羽田利用ではかなりのお得
スカイマーク利用の期間限定プラン!5日前まで受付OK!
★ウィンターバーゲン価格!座席指定無料でOK♪【スマイルホテル神戸元町】2日間(羽田発)
 2015/12/6
2015/12/6茨城空港で、スカイマーク機とスカイマークラッピングバスのコラボ展示
茨城交通が運行するスカイマークラッピングバスと、スカイマーク機とのコラボレーションが、2015/12/6朝の茨城空港駐機場で実現。
茨城交通は、スカイマークの利用活性化を応援するためのラッピングバスを2台運行しており、その2台、"SKY Love Ibaraki号"と"Ibaraki Love SKY号"と、スカイマークJA73NGが共に展示されるイベントが茨城空港で行われた。
 2015/10/30
クラブツーリズム スカイマーク茨城-那覇直行修学旅行チャーター便混乗ツアーを販売
クラブツーリズム は、2015/12/1・2・8の各日発で、現在運航されていない茨城空港から那覇空港への直行便を利用したツアーを販売している。通常、茨城空港から那覇空港へは、神戸空港経由便となるが、このツアーでは、那覇空港への修学旅行チャーター便に混乗する形で、直行で行くことができ、また普段乗ることが出来ないチャーター便に搭乗できる珍しいツアーとなる。
ツアー名:『茨城空港発着!3日間限定!特別航路・沖縄直行便で行く南国の旅!沖縄本島ぐるっと周遊4日間』
クラブツーリズム コース番号:23986-900
 2015/10/24
2015/10/24スカイマーク仙台空港路線の運航を終了、仙台空港から撤退
スカイマークは2015/10/24、仙台空港発SKY157便神戸行きの出発をもって、2013/4/20の運航開始より、2年半の仙台空港の運航の歴史を終えた。スカイマーク仙台空港最後の到着・出発便は、JA737Pが担当した。
スカイマークは、2013/4/20から福岡・新千歳線の2路線で仙台空港からの運航を開始。その後、2014/4/1より神戸線、2014年夏には季節定期便として那覇線を運航、石垣へのチャーター便も運航した。
2015/8/31
2015/8/31 スカイマーク米子空港から撤退
2015/8/31 SKY120便 神戸空港行の出発を最後に、2013/12/20の就航から約1年8ヶ月間の運航を終え、スカイマークは米子空港から撤退した。SKY120便の出発時は、関係者による見送りが行われた。
2015/8/6
2015/8/10より、すべての運賃にプラス1,000円で「足のばシート」サービス開始

「足のばシート」となる1列目A,B,C席
スカイマークは2015/8/10より、足元の広い最前列席と非常口座席を全運賃に+1,000円で利用できる「足のばシート」サービスを実施する。「足のばシート」はその他にソフトドリンク1杯無料サービス・優先搭乗・手荷物を優先的に返却のサービスが含まれる。有料シートサービスは、過去B767-300ERの運航時に設定されていたシグナスクラス以来となる。

「足のばシート」となる16列目F,G,H席
2015/4/24
スカイマーク2015/10/25に仙台空港から撤退
一部報道によると、スカイマークは2015/10/24で仙台空港唯一の路線である神戸線を休止し、2013/4/20から約2年半で仙台空港から撤退するとしている。スカイマークは仙台空港へは2013/4/20から福岡、新千歳線で就航。その後、2014/4/1より神戸線、2014年夏には季節定期便として那覇線を運航、石垣へのチャーター便も運航した。
2015/3/29
2015/3/28スカイマーク石垣空港・宮古空港路線の運航を終了
2015/3/28石垣空港からの那覇経由SKY666便(JA737Z)が羽田空港に22分遅れの22:37に到着し、スカイマークの1年8ヶ月の石垣路線の運航が終了した。同日、宮古空港路線の運航も終了し、石垣空港・宮古空港からの撤退となった。
宮古空港路線は2013年の2ヶ月間の運航休止を挟み、約3年5ヶ月。石垣空港路線は約1年9ヶ月での撤退となった。
2015/3/7
スカイマーク2015年8月末で米子空港撤退を決定
スカイマークは2015年9月以降のダイヤを発表し、8月末での米子空港からの撤退を決定した。スカイマークは、2013/12/20に米子空港から成田・神戸・神戸経由茨城線で運航を開始。その後、羽田・新千歳・那覇線を開設したが、約1年8ヶ月での撤退となる。
2015/1/31
2015/1/28スカイマークが東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請
不採算路線見直しなどの収益改善として、2015/1/31をもってA330-300全機の運航を停止し、2015/2/1より地方路線の一部運休減便を行う。宮古空港石垣空港からは、2015/3/28をもって撤退する。
2015/1/19
2015/1/18米子→新千歳直行便が一便限り臨時便として復活運航





当サイトについてのご案内

HP OPEN:29Jan06 Copyright(C) 2006 SKYMARK FAN All rights Reserved.